Meilyアプリの画像

Meilyアプリ

美容医療ならMeily(メイリ―)
【5名様限定】自然でバレない脂肪注入豊胸モニター(THE CLINIC)のモニター画像

モニター

【5名様限定】自然でバレない脂肪注入豊胸モニター(THE CLINIC)のモニター詳細

豊胸専門クリニックTHE CLINICで自然な見た目と触感のバストを手に入れませんか? <こんな方おすすめ> ☑バストをボリュームアップしたい ☑痩せていてデコルテ周りが気になる ☑シリコンバッグやヒアルロン酸豊胸後に変形してしまった ☑授乳後のボリュームダウンや垂れ乳を改善したい ☑信頼できるドクターにお願いしたい 脂肪注入豊胸は、一度定着すればその効果は半永久的に持続します。 シリコンバッグやヒアルロン酸のように、入れ替えや定期的な注入などのメンテナンスは必要ありません。 <料金> 💎脂肪注入豊胸(コンデンスリッチ豊胸)  ¥1,780,000(税抜)  ▼  ¥980,000(税抜) 💎シリコンバッグ除去+脂肪注入豊胸  ¥2,180,000(税抜)  ▼  ¥1,180,000(税抜) <施術金額に含まれるもの(下記は別途ご請求いたしません)> ・麻酔代:通常8.8万円 ・ベイザー脂肪吸引:通常37.4万円 ・φ2.4mmヌードルインジェクション:通常22万円 ・エコー検査前後2回:通常3.3万円 ・消耗品、内服薬:通常2.2万円 ・4Dデザインマーキング:通常5.5万円 ・ピュアエクソソーム添加:通常44万円 《今ならリリース記念キャンペーンも実施中》 これから当院の脂肪注入豊胸をお受けになる全てゲストに、ピュアエクソソーム™添加(44万円相当)を無料でご提供するサービスを行なっております。 今話題の❝エクソソーム❞とは? 幹細胞から分泌される物質で、脂肪定着率アップとこれまで以上のバストアップ効果が期待できます。 脂肪採取部位や施術後のバストのダウンタイム軽減効果も見込める新治療です! (※キャンペーンは予告なく終了致しますので、予めご了承下さい。) お得なこの機会に、ぜひご検討下さい。 無料カウンセリングも承り中です! 皆様のご来院を心よりお待ちしております✨

キャンペーン価格

1,078,000

円(税込)

キャンペーンの施術の解説・リスクはこちら

コンデンスリッチ豊胸

【コンデンスリッチ豊胸とは】 ご自分の脂肪を採取してバストに注入する、脂肪注入豊胸の一種です。 米国のFDA(日本の厚生労働省に当たる国家機関)の認可を受けており、脂肪注入豊胸の中でも安全性の高い施術といえます。 【コンデンスリッチ豊胸の特徴】 <高い定着率が期待できる> コンデンスリッチ豊胸に用いる脂肪は、採取後に特殊な加重遠心分離法を行うことで、定着の妨げになる不純物や老化細胞を取り除き、良質な脂肪細胞だけが濃縮されたコンデンスリッチファットです。そのため、従来の脂肪注入法に比べて高い定着率が期待できます。 <しこりができるリスクが低い> 脂肪に不純物が多く含まれていたり、1ヵ所に集中して注入してしまうと、脂肪がうまく定着せずに壊死してしこりになってしまう可能性があります。当院で行うコンデンスリッチ豊胸は、良質な脂肪のみを注入し、さらに定着率を高めるために脂肪がかたまりにならないよう、バストの各層に分散させて注入を行っているため、しこりができるリスクは最小限です。 <定着すれば効果が長期間持続> 脂肪が定着すれば、生来と変わらない自然な見た目と触感のバストに。ヒアルロン酸のように体内に吸収されてしまったり、シリコンバッグのように経年劣化による入れ替えが必要になるようなことはなく、長期的な効果が見込まれます。シリコンバッグやヒアルロン酸からコンデンスリッチ豊胸に換えたい、というご要望も当院では数多くいただいています。 コンデンスリッチ豊胸のより詳細な情報は、こちらでご覧いただけます。 ▷https://www.theclinic.jp/contents/condenserich-breastaugmentation/

施術の費用

1,078,000

円(税込)

豊胸シリコンバッグ除去

シリコンバッグなどを利用した豊胸インプラントは術後10年程度でなにかしらのトラブルが起きると言われています。実際にTHE CLINICでも、手術から10〜20年ほどたった豊胸バッグの除去(抜去)を数多く行っています。 【豊胸シリコンバッグのリスク】 カプセル拘縮や石灰化、バッグの破損にリップリングなど、人工物であるシリコンバッグやその他の豊胸インプラントのトラブルは様々。その多くがバストの触感や形に異変が生じて発覚します。 症状にもよりますが、耐久年数を超えた挿入期間、バッグの種類、挿入位置などが関係していると考えられます。マッサージやトリートメントなどの外的処置で、改善したり症状の進行を食い止めることはできないため、豊胸バッグ除去(抜去)を選択される方がほとんどです。 【THE CLINICのシリコンバッグ除去とは?】 THE CLINICのポリシーは、できる限りバストに傷を付けないというもの。 豊胸シリコンバッグ抜去(除去)においても同様です。ダメージを最小限に抑えられるような工夫と技術をもって、施術にあたっています。 <事前の詳しいエコー診断> THE CLINIC が導入するのは大学病院でも採用されている乳腺用エコー「エラストグラフィ」。触診では分からない症状や状態を確認し、傷やダメージをできるだけ抑えられる抜去(除去)方法を選択します。 ●シリコンバッグの状態 挿入された豊胸シリコンバッグの正確な位置や状態をエコーで確認し、トラブルの原因を分析。見た目では確認できない破損やシリコンの漏出、炎症などが起きているケースも少なくありません。 ●被膜の状態 エコーでは、厚くなった被膜でバッグが変形するカプセル拘縮や、カルシウムの沈着で硬くなる石灰化の詳しい情報も分かります。被膜や石灰化の厚さから、豊胸シリコンバッグの変形の様子まで細かく確認します。 ●乳腺の状態 豊胸シリコンバッグの圧迫による乳腺への影響を確認します。万が一診療中に、のう胞やしこりを発見した場合は、より詳しくエコー画像を確認する流れを取っています。 <バストになるべく傷を残さない> 豊胸シリコンバッグを抜去(除去)する場合、アンダーバストを切開する方法、乳輪周囲を切開する方法、脇の下を切開して取り出す方法の3つがあります。他院では豊胸シリコンバッグを比較的簡単に取り出せるアンダーバストや乳輪周囲などバストにメスを入れる抜去(除去)方法が主流。しかし、THE CLINIC では、症状の程度にもよりますが、バストに傷を付けない脇の下からの抜去(除去)を基本としています。 また、傷口はできるだけ小さく目立ちにくくするために、脇の下のシワに隠れる箇所を選び、バックの種類に合わせて切開する幅を変えるなどの工夫をしています。 <周辺組織を極力傷つけない> アンダーバストや乳輪を切開する方法は乳腺を傷つけるリスクが高まります。一方、脇の下からの抜去(除去)方法は乳腺を傷つけるリスクが低く、授乳に影響することもありません。 さらにTHE CLINIC では、できるだけ豊胸シリコンバッグ挿入時と同じ傷口とルートを利用して抜去(除去)することで、ダメージを最小限に留めるよう努めます。 また、内容物のシリコンが残ってしまうと、周辺組織へダメージを与え、二次トラブルを招く場合もあるため、豊胸シリコンバッグが破れないよう細心の注意を払って抜去を行います。 さらなる詳細は下記をご覧ください。 https://www.theclinic.jp/contents/siliconbag.php

施術の費用

968,000

円(税込)

コンデンスビブラ豊胸

<コンデンスビブラ豊胸とは> 乳房拡張機器「BEbra(ビブラ)」を併用して行うコンデンスリッチ豊胸のことを、コンデンスビブラ豊胸と言います。 BEbra などの乳房拡張機器を用いるケースでは、コンデンスリッチ豊胸の定着率を80%ほどに安定させることが可能です。元々バストが小ぶりな方や、授乳・出産を経験したことがない方に適しています。 <コンデンスリッチ豊胸の効果がアップ> BEbra とは、お椀型のドームを左右のバストに吸着させて、陰圧をかける豊胸機器のこと。この陰圧がもたらす組織の伸展と血行の促進は、コンデンスリッチ豊胸の効果を最大限に引き出します。 まず組織の進展は、バスト内のスペースを広げ、より多くの脂肪を注入する助けとなります。例えば、150cc程度しか脂肪を注入できない方も、BEbra のような乳房拡張機器を併用することで200cc以上の注入が可能になったというケースは少なくありません。 また血行促進作用は、酸素と栄養をくまなく脂肪に行き渡らせる役割を果たします。脂肪がバスト内にしっかりと生き残るので、定着率アップに役立つのです。 <裏付けとなる学術データもあり> 通常のコンデンスリッチ豊胸と、乳房拡張機器を併用したコンデンスリッチ豊胸を比較した場合、後者の方が、より良い結果が得られたという統計データがあります。術後6ヶ月のアンダーバストとバストトップの差が、乳房拡張機器を用いたケースの方が2㎝近くも上回っていました。これは1カップ程度の差に相当します。 さらに、乳房拡張機器を併用した脂肪注入豊胸は世界的にも注目度が高く、脂肪注入の権威 Dr. Khouri もその研究を進めています。彼によれば、脂肪注入豊胸で一度に注入できる限度は片胸250ccまでとのことなのですが、乳房拡張機器を併用した場合は、それ以上の注入も可能だと結論づけているのです。 <施術の進め方> 通常のコンデンスリッチ豊胸の手順に加え、施術前後の一定期間にBEbra を装着します。 術前の装着は皮膚と皮下組織を伸ばして脂肪の注入スペースを確保するため、術後の装着は血行を促進するためです。 従来の乳房拡張機器にないBEbraならではの特徴は、1日あたりの装着時間の短さ。これまで1日10時間程度の装着が求められていたのですが、BEbraではこれが7〜8時間に短縮されました。就寝時に着用していただけば、翌朝には外していただけるので、日常生活に支障をきたすことがありません。 <院長のワンポイントアドバイス> 2018年に製造中止となった乳房拡張機器「BRAVA(ブラバ)」の代わりに、当院で導入を開始したのが「BEbra(ビブラ)」です。装着時間が短縮されたことで皮膚への負担が減り、かぶれにくくなりました。これまでBRAVA の装着が難しかったという方にもおすすめできる方法です。

施術の費用

1,617,000

円(税込)

シリコンバッグ除去&コンデンスリッチ豊胸

<シリコンバッグの寿命は10年> シリコンバッグの寿命は10年と言われ、11年以内に少なくとも片方が破損する、という調査結果がアメリカの政府機関FDA(米国食品医薬品局)によって発表されています。シリコンバッグの挿入からある程度の年数が経過してからのトラブル相談は後を絶ちません。バストが変形したり、触感が硬くなってしまった、というご相談が当院にも多く寄せられています。そんな方々のお悩みに応えるために、当院ではシリコンバッグの除去を積極的に受け入れています。 <シリコンバッグ除去と同時の脂肪注入豊胸がおすすめ> 当院ではシリコンバッグの除去だけでなく、脂肪注入による置き換えをおすすめしています。バッグの除去のみを行ってしまうと、バッグがなくなったスペースがへこんでしまい、バストの変形の原因に。脂肪注入に置き換えることで触感も見た目も自然なバストに仕上がり、効果も長期間持続するため、バッグ除去と脂肪注入を併用される方がほとんどです。 <傷跡は目立たないように配慮> シリコンバッグの状態にもよりますが、除去は脇の下からの除去を基本としています。脇の下のシワに隠れるように切開し、傷跡が目立たないように配慮するため、バレのリスクも最小限です。

施術の費用

1,298,000

円(税込)

このキャンペーンのクリニックについて

【アプリ予約限定】現金還元対象

クリニック名

THE CLINIC

住所

アクセス

日比谷線六本木駅 徒歩15分 

施術費用10%現金還元対象! 予約して施術後に、メイリーアプリに施術の体験談 を投稿して申請することで施術費の10%が還元!!

メイリートップ クリニック一覧 THE CLINIC

【5名様限定】自然でバレない脂肪注入豊胸モニター