Meilyアプリの画像

Meilyアプリ

美容医療ならMeily(メイリ―)

THE CLINICのハートヒップリフトの詳細

<ハートヒップリフトとは> 脂肪吸引と脂肪注入を併用して、お尻の形をハート型に整えるハートヒップリフト。海外ではブラジリアンバットリフトとも呼ばれ、人気を集めています。 まず、ウエストや太ももの脂肪を除去し、その脂肪を活用して垂れ下がったお尻のトップ位置にボリュームを持っていきます。ボディラインにメリハリをつける脂肪吸引と、立体感を出しつつヒップアップさせる脂肪注入の融合が、理想的なフォルムにデザインすることを可能にしました。 <魅力的なデザインを実現> 周辺部位とのバランスが重要となるこのヒップデザインを行うには、高い技術が欠かせません。その点、THE CLINICでは、解剖学に基づくボディデザイン技術「VASER® 4D Sculpt™(ベイザー4D彫刻)(*1)」のライセンスをほとんどのドクターが取得済み。人間本来の体の構造や脂肪に関する専門的な知識を習得しています。このようなスキルをヒップリフト施術に応用することで、満足度の高い仕上がりが実現できるのです。 <リスク回避も徹底> ハートヒップリフト(ブラジリアンバットリフト)では、ダウンタイムを最小限に抑えたベイザーリポ2.0(ベイザー脂肪吸引)を使用します。また、脂肪吸引ではでこぼこや取り過ぎで部位が垂れるなどの失敗が不安視されがちですが、THE CLINICのドクターはベイザーリポ2.0のトレーニング機関として、国内ドクターを指導する技術力と知識を有しています。 脂肪注入に関しても、しこりなどのリスクを回避するため、採取した脂肪から健全な脂肪細胞と幹細胞のみを抽出したコンデンスリッチファット(CRF)を使用。さらに、少量ずつ様々な層に注入し安全性を高めつつ、自然な仕上りにしていきます。 <院長のワンポイントアドバイス> ウエスト、太もものボリュームを落とし、お尻のトップ位置のボリュームをアップすることで、ヒップアップします。 お尻を大きくするのではなく、丸く小さく見せるのが目的です。他院の太股の脂肪吸引でお尻が垂れてしまった人の修正のために行うこともあります。

【臀部】疼痛、腫れ、内出血など。 【脂肪採取部位】疼痛、浮腫、内出血、色素沈着、熱傷、知覚障害、凸凹、たるみ、引き攣れなど。 (※この他にも予期しない症状が現れる可能性があるので、術後異常を感じた際には速やかにご相談ください。) 処置時間: 2時間半 メイク: 当日可能 痛み: 手術中なし。数日間、筋肉痛程度。 洗顔: 当日可能 シャワー: 4日目 治療の概要: 太もも、腹部などから皮下脂肪を採取し、老化細胞や血液等の不純物を除去。これを臀部の皮下に注入する。

施術の費用

1,980,000

円(税込)

ハートヒップリフトの備考

上記はハートヒップリフトの一般価格です。 基本セット(消耗品・麻酔・内服薬):¥50,000(税込 ¥55,000) ハートヒップリフト(ウエスト、大腿内外のベイザーリポ、ヒップへのCRF注入) ¥1,800,000(税込 ¥1,980,000)

このメニューのクリニックについて

【アプリ予約限定】現金還元対象

クリニック名

THE CLINIC

住所

アクセス

日比谷線六本木駅 徒歩15分 

施術費用10%現金還元対象! 予約して施術後に、メイリーアプリに施術の体験談 を投稿して申請することで施術費の10%が還元!!

メイリートップ

ハートヒップリフトのメニュー