美容整形口コミ・SNSアプリ
アプリから予約で現金還元のクリニックも!

プリモ麻布十番クリニックの豊胸術(ソフトコヒーシヴシリコン)の詳細

●豊胸術(ソフトコヒーシヴシリコン) 当院で使用しているプロテーゼは、ソフトコヒーシヴシリコンという材質でできております。シリコンがちょうどグミのような状態になっており、万一破損した場合でも、内容物であるシリコンが漏出しにくい構造で、安全性の高い製品です。 形態は日本人の体形にあったアナトミカルタイプです。 プロテーゼの表面にはテクスチャード加工が施されており、ザラザラの表面に薄い被膜が覆う形になり、膜の表面積が拡大し、被膜線維の方向も一定の向きに揃わないため被膜拘縮の予防となります。 当院の豊胸術のアフターケアはバストバンドを着けるのみ、マッサージは全く不要です。 ●当院の特徴 プロテーゼによる豊胸術において最大の問題として被膜拘縮があります。プロテーゼは生体にとって異物なので、体に入れると異物反応がおこり、プロテーゼを包むように周囲に被膜が形成されます。 この反応はすべての方に起きる反応です。この被膜自体は害のあるものではありませんが、時間経過により繊維が縮む性質があります。このことを被膜拘縮と呼びます。この程度が個人差として表れ、場合によっては硬くなってしまうことがあります。 この被膜拘縮を減らすために当院では、 ・テクスチャード加工のプロテーゼを採用しています。 ・被膜拘縮を予防する内服薬を手術から3か月間服用します。 ・高周波温熱療法を術後経過中施行し、高周波の作用で炎症を抑え、創傷治癒を促し被膜が厚く硬くなるのを予防します。 ●施術内容 1. 脇のしわに沿って3~4cmほど切開いたします。この後は指を用いて、優しくプロテーゼを入れるポケットを作成します。届く限りの範囲、すべて指でポケットを作成するため、出血は極わずかとなり、術後の痛みも最小限とすることが可能です。 2. ポケット作成後はサイズを決めるテストプロテーゼを入れ、この時点で眠りから起きていただきます。意識がはっきりとした後、座っていただき鏡でサイズを確認し、お好みのサイズのプロテーゼを選んでいただきます。その後は再び眠りにつき、テストプロテーゼを取り出し、本物のプロテーゼをお入れいたします。プロテーゼを入れる際にも、皮膚を摩擦から守る反転縫合を施し挿入します。 挿入後、抗生剤と止血剤を入れた生理食塩水で片側500mlづつ洗浄をおこない、形成外科縫合で丁寧に縫合して手術を終了します。

・手術後の腫れ、内出血 手術後およそ2〜3週間で引きます。当院では高周波温熱療法(CET)を行うことで腫れ、内出血の消退を早める対策をおこなっております。 ・術後の痛み 筋肉痛の様な痛みは出現しますので、強力な鎮痛剤を使用いたします。プロテーゼを大胸筋下に入れた場合、筋膜下に比べて痛みがやや強くでますが、デスクワークなどは術後2〜3日より復帰可能です。腕をよく使う仕事の方は1週間程度お休みがあると安心です。 ・皮膚のツッパリ感、テカリ 皮膚に余裕がない方、あるいは非常に大きなプロテーゼを選択した方は、皮膚がのばされるため突っ張る感じやテカリが生じることがあります。時間の経過とともに緩和する症状です。 ・脇の可動域制限 脇の下からプロテーゼを入れる場合、脇の可動域が制限されます。術後から伸展、回旋運動をおこないます。これにより徐々に元通りの可動域に戻ります。 ・バストや上腕のしびれ、知覚低下 術後に出現することがあります。時間の経過とともに改善してまいります。 ・脇の創の赤み、盛り上がり 赤みは2〜3か月の経過で落ち着いていきます。吸収性糸の縫合による盛り上がりは術後6か月前後で平らになってまいります。

施術の費用

700,000

豊胸術(ソフトコヒーシヴシリコン)の備考

上記費用は豊胸術(ソフトコヒーシヴシリコン)の通常料金です。

このメニューのクリニックについて

【アプリ予約限定】現金還元対象

クリニック名

プリモ麻布十番クリニック

住所

東京都 東京都港区麻布十番1-7-11 麻布井上ビル2F

アクセス

都営大江戸線「麻布十番駅」7番出口より徒歩2分 東京メトロ南北線「麻布十番駅」4番出口より徒歩2分

診療時間

月〜土 10:00~19:00

休診日

日曜

備考

祝祭日も診療

施術費用10%現金還元対象! 予約して施術後に、メイリーアプリに施術の体験談 を投稿して申請することで施術費の10%が還元!!