Meilyアプリの画像

Meilyアプリ

美容医療ならMeily(メイリ―)

ボトックス注入 眉間の縦ジワ(神戸ゆりクリニック)の症例詳細

女性

ボトックス注入 眉間の縦ジワの備考

Afterの画像は施術7日後です。 眉間に力を入れた際にできる縦ジワ。年齢とは関係なく現れますが、年齢を重ねるごとに刻まれ、消えなくなってしまいます。ボトックスを注入することで、眉間にできるシワそのものを抑制します。治療に用いた製剤はアラガン社製のボトックスビスタになります。

メニューの紹介

●ボトックス注入

●ボトックスとは ボトックスは、もともと米アラガン社の商品名で、ボツリヌス菌から抽出されるたんぱく質の一種です。ボツリヌス菌とは重症の食中毒を引き起こす原因にあたる「ボツリヌストキシン」という毒素を発生します。ボトックスは、ボツリヌス菌A毒素を製剤化し、アレルギーの心配のない優れた製剤で、筋肉の動きを弱める働きがあります。これは、筋肉の収縮時に産出されるアセルコリンという物質の動きを抑止する働きで、筋肉の動きを抑制します。この作用を応用することで、シワを作る筋肉の過剰な収縮を弱め、シワをなくしていくことができます。しわは加齢にともなって自然にできますが、顔のしわの多くは、微笑む、笑う、顔をしかめるなどの表情の変化によって筋肉を繰り返し動かすことによってできていきます。ただ、ボトックスは注入してから半年程度で吸収されてしまうことから、効果を持続させるためには、定期的な注入が必要です。 ●A型ボツリヌス毒素の安全性について A型ボツリヌス毒素による食中毒は、30,000単位以上で起こると言われています。ボトックス注入による治療では、1回に5~100単位程度の毒素注入による治療ですので、中毒を起こす心配はありません。1989年にFDA(米国食品医薬品局)で承認され、現在に至って米国、イギリス、ドイツ、フランスをはじめ世界80ヵ国以上で眉間の表情じわを始めとするシワの治療への適応が承認され、ボツリヌス菌毒素による治療薬全体に対する名前として広く美容医療・アンチエイジングに使用されています。日本でも眼瞼痙攣の治療薬として、1997年から厚生労働省の認可を受けており、その安全性は確立されています。 ●当院のボトックス注射について 当院では、アラガン社製ボトックスビスタと韓国Medy-Tox社製ニューロノックスを使用しております。アラガン社製の正規品であれば、FDAで認可されていますし、高い安全性と信頼性が確立されています。ニューロノックスもアラガン社製ボトックスビスタ同様、安全性と効果において人気のある商品で、何よりも安く治療が受けれます。患者様がどの製剤をご希望されるか、患者様の治療頻度や状態によって選択いたします。

施術の費用

33,000

円(税込)

この症例のクリニックについて

【アプリ予約限定】現金還元対象

クリニック名

神戸ゆりクリニック

住所

兵庫県神戸市中央区北長狭通4-2-5 ローレル元町ビル7階

アクセス

JR東海道本線「元町駅」東口から、徒歩約1分 阪神電鉄本線「元町駅」東改札から、徒歩約1分

診療時間

営業時間 11:00~20:00

休診日

年中無休

備考

完全予約制

施術費用10%現金還元対象! 予約して施術後に、メイリーアプリに施術の体験談 を投稿して申請することで施術費の10%が還元!!

メイリートップ 症例

ボトックス注入 眉間の縦ジワの症例