Meilyアプリの画像

Meilyアプリ

美容医療ならMeily(メイリ―)

【アプリ予約限定】現金還元対象

牧野美容クリニック

福岡県福岡市博多区冷泉町2−12 ノアーズアーク博多祇園 3F

福岡地下鉄 祇園駅から徒歩4分、中洲川端駅から徒歩8分

月曜〜水曜日

二重

エラ/輪郭

太もも

輪郭

顔/輪郭

顎/輪郭

施術費用10%現金還元対象!
予約して施術後に、メイリーアプリに施術の体験談
を投稿して申請することで施術費の10%が還元!!

メニュー

二重

二重埋没法

●二重埋没法 (マルティプルノット法)

●二重埋没法 (マルティプルノット法)とは 当院の二重埋没法は、従来の埋没法よりも持続性のある埋没方法です。クリニックによっては6点固定法とよばれることもあります。 二重の施術は主に切開法と埋没法の2種類があります。切開法はまぶたを切り脂肪等を除き縫い合わせるため、持続性のある方法です。しかし痛みや腫れが強く、気軽に施術できない方もいらっしゃいます。 一方、埋没法はメスを入れないため比較的気軽に施術できますが、数年で効果が無くなってしまうデメリットがありました。 従来の埋没法のメリット/デメリットは下記の通りです。 ・従来の埋没法のメリット 傷跡が残らない 通常は1週間程度で腫れがひくため、日常生活への影響が小さい 切開法よりもリーズナブルな傾向があり、比較的手軽にできる ・従来の埋没法のデメリット 数年で効果が無くなることが多い 二重が持続したとしても、理想の形ではなくなってくる 埋没法の大きなデメリットは、持続性が無いことでした。 しかし、マルティプルノット法で施術をすることで、「持続性が無い点」をカバーできるようになりました。 マルティプルノット法は、埋没法のメリットと切開法のメリットを合わせた方法です。 ●当施術の詳細 埋没糸を数点固定し二重のラインを作ります。理想の形を作るため、患者様の意見を聞きながら、一緒にシミュレーションをしていきます。 目の開き具合や眉毛の動かし方、左右のバランスに違和感は無いか等を丁寧に診ていきます。 まれに二重の癖がつきにくい方やまぶたの皮膚が多い方がいらっしゃいます。そのような方には切開法をおすすめすることもございます。 理想通りに仕上がるか少しでも不安のある場合は、お気軽に医師にご相談ください。 良い点 ・埋没法でありながら持続性がある ・ダウンタイムが短く、比較的手軽に施術できる 気になる点 まぶたの状態によっては、切開法でなければ理想の形にならないこともある 施術時間 約30分 持続性 半永久的 効果のあらわれ すぐに効果があらわれますが、施術後すぐは腫れることが多いです。 腫れがひいた3日~1週間後に効果を実感できる方が多くなっています。 ダウンタイム 3日~1週間(個人差があります) 冷却することでダウンタイムを短くすることができます。 メイク、洗顔 ・目元:7日後から ・目元以外:3日後からOK その他 ・激しい運動や飲酒、喫煙は控えましょう。(内出血のリスクを抑えるため) ・施術後、内出血や赤みがでることもありますが、時間の経過で改善します。 ・エステやマッサージは施術約2週間後から可能です。

110,000

円(税込)

エラ/輪郭

エラ削り/輪郭

●エラ削り

●エラ削り 下顎形成術について エラは下顎骨の後方に存在し、下顎骨の後縁と下縁が交わる周囲を指します。エラは解剖学的には下顎角部と呼ばれる部分と一致しており、その名の通り、下顎の角(かど)を作っています。下顎の関節運動を行う筋肉、側頭筋、咬筋、内側翼突筋、外側翼突筋が付着しており、骨が厚くなっています。 ●当クリニックの特徴 診断は顔貌およびCTで行います。 画像シミュレーション(PhotoshopもしくはMorpheus 3Dなど)を行います。 電動骨切り削器具、超音波骨切り削器具を用いて低侵襲の手術を行います。 ●よくある質問 Q. エラ削り、下顎形成術の効果 A. 骨を減量、縮小いたしますので、その効果は確実に生じます。また効果はずっと続きます。 Q. エラ削り、下顎形成術の痛み A. 鈍い痛みが生じますが、触ったり、大きな表情をしたりしなければ生じません。痛み止めを内服することでコントロールできることがほとんどです。 Q. エラ削り、下顎形成術の腫れ A. フェイスラインに沿って手術をするので、フェイスラインが腫れます。そのため腫れが強く見えます。広く剥離した症例では腫れが強くなる傾向があります。術後2週間は腫れが強く、徐々に改善してきます。その後腫れは気にならなくなってきますが、腫れが完全に落ち着くのは術後6ヶ月です。 Q. エラ削り、下顎形成術の治療後に気をつけること A. 腫れを悪化させないためにも圧迫をしっかりとしていただく必要があります。マジックテープ式のフェイスバンドの装着をします。食事は食べかすが残りにくいもの、柔らかいものをしばらく食べて、口腔内を清潔に保ちます。咬筋が術後腫れたりすることで、しばらく口が大きく開けづらいことがありますが、時間とともに改善してきます。 施術後に消炎鎮痛剤を 7日間処方いたします。 施術後 3 日間は注入部位を冷却しておくと腫れが悪化するのを防ぐことが出来ます。 ●施術データ 施術時間:3時間 腫れ:★★★ 麻酔:全身麻酔 ダウンタイム:手術部位がおよそ2週間腫れます。マスクで隠れますので、しばらくはマスク着用で外出する必要があります。入浴や運動などの制限はありません。 通院回数:4回(術後2週間に抜糸、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月)

1,086,800

円(税込)

頬/輪郭

頬骨削り/輪郭

●頬骨削り

●頬骨削りについて 頬骨は顔面骨の中1/3の両側の外方に位置し、形態では頬の膨らみ、横への張り出しの原因となっています。 頬骨が張り出した輪郭の方は頬骨形成術、頬骨削りを行う必要があります。 一般的に頬骨を小さくする手術を頬骨削りとはいいますが、実際には頬骨はあまり削るところがなく、前方は上顎洞という空洞を含み、後方は頬骨弓という薄い骨なので、削るというのはあくまで部分的な方法を指し、主要な方法は頬骨を切り、内側へ移動させる方法となります。頬骨を内側へ移動(転位)させる方法をインフラクチャーといいます。 手術により頬部の前方、外側への張り出しを減らし、頬部の存在感を和らげることが出来ます。 ●当クリニックの特徴 診断は顔貌およびCTで行います。 画像シミュレーション(Photoshop, Morpheus 3Dなど)を行います。 電動骨切り削器具、超音波骨切り削器具を用いて低侵襲の手術を行います。 ●よくある質問 Q. 頬骨削り、頬骨形成術の効果 A. 骨を減量、縮小いたしますので、その効果は確実に生じます。また効果はずっと続きます。 Q. 頬骨削り、頬骨形成術の痛み A. 鈍い痛みが生じますが、触ったり、大きな表情をしたりしなければ生じません。痛み止めを内服することでコントロールできることがほとんどです。 Q. 頬骨削り、頬骨形成術の腫れ A. 頬骨は顔の中央部に存在するので、腫れが生じてもあまり気にならないことがほとんどです。 Q. 頬骨削り、頬骨形成術の治療後に気をつけること A. しばらく口が大きく開けづらいことがありますが、腫れが引いてくると改善してきます。術後は顔をフェイスバンドで圧迫することで腫れの改善だけでなく、移動した頬骨を安定させ骨癒合を進めることが出来ます。 Q. 施術後に消炎鎮痛剤を 7日間処方いたします。 A. 施術後 3 日間は注入部位を冷却しておくと腫れが悪化するのを防ぐことが出来ます。 ●施術データ 施術時間:3時間 腫れ:★★☆ 麻酔:全身麻酔 ダウンタイム:注入部位がおよそ1週間腫れます。隠れる部位であれば問題ないですが、顔などの露出部の場合気になるかもしれません。入浴や運動などの制限はありません。 通院回数:4回(術後2週間、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月)

1,045,000

円(税込)

顎/輪郭

ルフォーSSRO(両顎)

●上下顎骨切り術

●上下顎骨切り術について 上下顎骨切り術の対象となる患者様はあご(顎)の位置異常がある場合です。下顎が出ている場合、単純に下顎の骨が肥大しているのか、下顎の骨は肥大していないが前方に位置しているため出て見えるのか、もしくはその両方を考える必要があります。 診断にはX線やCTなどの画像診断が必要ですが、当院では被曝量が少なく、座位で撮影が可能なコーンビームCTがありますので、すぐに診断可能です。 顎の位置異常を治す場合は歯のかみ合わせを作りながら、上と下の顎を移動しなければなりません。これを上下顎骨切り術(両顎手術やTwo Jawなどと表現されることもあります。)といいます。上顎の位置は悪くなく、下顎のみ出ている下顎前突の場合は矯正と組み合わせて、下顎の手術のみ行うことがありますが、通常は上と下の顎を動かしたほうが変化を出しやすいです。 上顎の骨切り術はルフォーⅠ型骨切り術(Le FortⅠ)と呼ばれる骨切り術を行います。鼻の通り道(梨状口)を横切り、後方まで水平に切ります。上顎の歯を一塊にして動かします。

1,265,000

円(税込)

脂肪吸引(太もも)

脂肪吸引(腹)

脂肪吸引(腕)

脂肪吸引(顔)/輪郭

脂肪吸引(背中)

●脂肪吸引

●脂肪吸引について 脂肪吸引はカニューラという尖端が丸くなって、側面に孔の開いた棒を皮下に挿入し、陰圧をかけて、脂肪を破砕吸引する手術手技になります。 脂肪は皮下筋膜をへだてて2層構造になっており、それぞれ皮下脂肪浅層、皮下脂肪深層といいますが、両方の脂肪層からまんべんなく採取することが重要になります。 皮下脂肪浅層を採取することで皮膚の引き締め効果(タイトニング)、セルライトの減少、脂肪吸引後のたるみを予防することが出来ます。採取しすぎると表面の凹凸をきたしてしまい、脂肪注入などで修正を試みますが、一旦生じてしまうと修正が困難なことが多く、丁寧な吸引が重要になってきます。 皮下脂肪深層は脂肪のボリュームが多く、この部位を採取することで大きな効果を得ることが出来ます。また凹凸変形は生じませんので、リスクは少ないです。ただ、皮下脂肪浅層を採取せずに深層だけ採取すると雪崩現象のように皮下脂肪浅層の重みでたるみが生じてしまいます。たるみが生じるとボディラインがきれいになりませんので、注意が必要です。 手術は小範囲・少量であれば局所麻酔で可能ですが、しっかりとした脂肪吸引をしなければならない場合は静脈麻酔、全身麻酔が必要となります。麻酔後、小さな穴をあけて、そこからカニューラを挿入します。チュメセント液という止血剤入りの麻酔液を吸引部分に注入し、脂肪吸引します。バランスを見ながら行います。吸引するとその部位がだんだんと細くなってきますので、ボディラインを術中に確認して形を作っていきます。海外では脂肪吸引をBody sculptingといいますが、正に「体型彫刻」といった手術になります。吸引した後に体内に残ったチュメセント液・血液などを押し出し、傷を縫合します。包帯で圧迫して終了です。 ●当クリニックの特徴 出血が軽減されるようにチュメセント液の止血剤の配合を工夫しています。また浮腫や出血斑を最小限にするように手術終了時に体内に残ったチュメセント液・血液などを徹底的に排出しています。 皮膚表面の凹凸を減らすためにカニューラは細いものを使用しています。太いものと比べて吸引時間はかかりますが、滑らかに仕上がる特徴があります。また線維組織の強い部分は吸引がしづらいのですが、当院では超音波で脂肪を破砕する機器を用いています。過去の機器と比べて強力な破砕効果があり、線維組織の多い部位(背中、腰部)や瘢痕形成している修正手術などで用いています。 脂肪吸引はただ採取すれば良いものではありません。身体の美しい曲線(カーブライン)を作ることが重要です。そのためにはメリハリのある吸引が必要になってきます。 また線維組織が強い脂肪(セルライト)や2回目以降の脂肪吸引など通常の脂肪吸引では難しい症例でも超音波を用いることで効果的に脂肪吸引することが出来ます。 ●施術データ 施術時間:顔30分、上腕(二の腕)1時間、腹部1時間、背部1.5時間、大腿2時間 腫れ:★★★ 麻酔:静脈麻酔、全身麻酔 ダウンタイム:1~2週間 通院回数:4回(術後1週間、1ヵ月、3ヵ月、6ヵ月) ※術後の来院が難しい場合は術後1週間のみでも可能ですが、できるだけ来院したほうが好ましいです。

203,500

円(税込)

●脂肪溶解注射

●脂肪溶解注射について 脂肪を減量する機序としてLipolysisとAdipolysisがあります。 Lipolysisは脂肪細胞の中身(トリグリセリドなど)を分解し、脂肪細胞を小さくしますが、脂肪細胞を薬理効果で壊すことはできません。 Adipolysisは脂肪細胞の外壁である細胞膜を破壊して、脂肪細胞の数を減らします。そのため脂肪吸引のように長期的な効果が期待できます。 フォスファチジルコリン(PPC)を始とした従来の脂肪溶解注射はLipolysisの作用しかなく、長期的にはリバウンドが生じていました。 FatX(ファットエックス)はアメリカのFDA(Food and Drug Administrastion:(アメリカ食品医薬品局)に承認されたデオキシコール酸を用いた脂肪溶解注射です。脂肪細胞の数を減らすAdipolysisが唯一認められた薬剤です。アメリカではKybella(カイベラ)という製品名ですが、同じデオキシコール酸を同用量(10mg/ml)用いたものになります。 デオキシコール酸は脂肪細胞を小さくするLipolysisだけでなく、脂肪膜を破壊するAdipolysisの効果もあるため半永久的な効果が期待できます。 ●当クリニックの特徴 デオキシコール酸は効果が高い反面、神経に作用すると感覚が鈍くなったり、筋肉が動きにくくなることが報告されています。顔面解剖に熟知した形成外科専門医が注射することで合併症のリスクを減らします。 出血を低減するようにカニューレ(鈍針)も併用します。 ●よくある質問 Q. 脂肪溶解注射の効果はありますか? A. 1回の注射で脂肪の減量効果は生じますが、脂肪の量が多い方は3〜5回の治療をおすすめ致します。 注入間隔は1ヶ月に1回をおすすめしています。 Q. 脂肪溶解注射の効果はどれくらい持続しますか? A. 脂肪細胞を壊しますので、部分痩せ効果はずっと続きます。 Q. 脂肪溶解注射の痛みはどれくらいですか? A. 痛みは針を刺すときと薬が注入されるときに生じます。針の痛みは軽度です。薬の注入時の痛みは軽いことがほとんどですが、知覚神経の近くに注入した場合は痛みが強いこともあります。 一時的に注射部位の感覚が少し低下する場合があります。脂肪の細胞膜を破壊するので2-3 日のあいだ圧痛が続きます。これらの現象は 2-3 日後から徐々に減少します。 Q. 脂肪溶解注射はどれくらい腫れますか? A. 注入後 2-3 日間は初期の炎症反応で腫れ、痛み、赤み、圧痛がみられます。植物抽出物やアミノ酸等の配合成分(NAIS Complex)の効果により痛みや腫れが軽減されます。 脂肪組織が分解され線維化、コラーゲン形成が行われるため注入部位が少し硬く感じることがあります。この過程は1ヶ月の間に消失してゆきます。 Q. 脂肪溶解注射の治療後に気をつけることはありますか? A. 圧痛や腫れを軽くするために治療後に消炎鎮痛剤を 3 日間処方します。また軽く冷却すると症状を和らげられます。 この期間にマッサ−ジを行うとより効果的です。治療後4日目以降は注入部位は冷やす必要はありません。

13,750

円(税込)

フェイスリフト(切開リフト)/輪郭

●フェイスリフト

●フェイスリフトについて アジア人は皮膚・皮下組織が厚く、重く、頬骨やエラが張り出しているため、フェイスリフトで引き上げる際に抵抗が強く、効果を出しにくい傾向があります。 治療法はこれまで皮膚を切除するだけの方法や顔面の筋膜であるSMASを引っ張るSMAS法、リガメントを処理するリガメント法、糸などを組み合わせるハイブリッド法など報告されてきましたが、一つの方法で良好な結果を出すことは難しく、フェイスリフトの限界が言われてきました。 一方、2007年にアメリカの形成外科医であるRohrichが顔面の脂肪はそれぞれ区分けされていて、各々が加齢とともに増えたり減ったりするというFat compartmentという概念を提唱しました。欧米ではFat compartmentを利用したフェイスリフトの報告がありますが、日本ではヒアルロン酸などの注入に置いて注目されていましたが、これを利用したフェイスリフトの報告はありませんでした。私はこれに着目してフェイスリフトを2014年から行なっており、2016年から学会で発表しております。 ●当クリニックの特徴 日本人を含むアジア人の形態特徴にあわせて工夫を行なっております。その内容を形成外科の最高峰の学術誌に掲載され、評価をいただいております。安全性に関しては感染予防、血腫予防、神経刺激装置を用いて顔面神経麻痺の予防、傷痕を目立たなくする工夫などを行なっています。 ●よくある質問 Q. フェイスリフトの効果について教えてください。 A. 脂肪吸引、Fat compartmentの処理、SMASの引き上げなどをしっかりと行ないますので、効果はずっと続きますが、若干の皮膚表面の緩みが加齢とともに生じますので、照射系の治療を定期的にすることをオススメしています。 Q. 痛みはありますか? A. 鈍い痛みが生じますが、触ったり、大きな表情をしたりしなければ生じません。痛み止めを内服することでコントロールできることがほとんどです。 Q. 腫れはありますか? A. 当院は広く剥離するので、腫れは強く出る傾向があります。術後2週間は腫れが強く、徐々に改善してきます。その後腫れは気にならなくなってきますが、腫れが完全に落ち着くのは術後6ヶ月です。 Q. 治療後に気をつけることはありますか? A. 腫れを悪化させないためにも圧迫をしっかりとしていただく必要があります。マジックテープ式のフェイスバンドの装着をします。辛いもの、熱いもの、お酒、タバコは控えてください。頭をすこし挙上して生活するとむくみの改善に役立ちます。 施術後に消炎鎮痛剤を 7日間処方いたします。 施術後3日間は注入部位を冷却しておくと腫れが悪化するのを防ぐことが出来ます。

737,000

円(税込)

●ヒアルロン酸

●ヒアルロン酸について もともと人の皮膚や眼球、関節などに含まれている成分です。肌組織の水分保持や柔軟性の保持の役割があります。子どもの頃には体内に豊富なヒアルロン酸が含まれていますが、30代以降は急激に減少するのが特徴です。肌に潤いやハリを与えてくれますし、もともと人体にある成分のためアレルギー症状など副作用も起きにくく、手軽に施術できるのが特徴です。 またヒアルロン酸は即効性がある点も特徴です。施術したすぐ後から効果が実感できます。 ヒアルロン酸にはデメリットもあります。それは持続性の低さです。ヒアルロン酸はもともと体内に存在する成分のため、注入後は徐々に体内に吸収されてしまいます。吸収されても人体への有害な影響はありません。施術を受けても効果は一時的。一度は改善した目元のしわやほうれい線も時間が経つと元に戻ってしまいます。効果を持続させるためには定期的に施術する必要があります。 効果の持続期間は、施術部位や肌の状態、注入したヒアルロン酸の種類、量によって異なります。個人差が大きいですが、3ヶ月〜2年ほどが目安になります。 ヒアルロン酸注入は「切らずにアンチエイジングをしたい方」や「すぐに効果を得たい方」、「人にバレずに施術したい方」におすすめの治療と言えます。 ●ヒアルロン酸でできること ・口元の小じわやたるみを改善したい ・目の下のたるみを目立たなくしたい ・老け顔、疲れ顔を改善したい ・小じわを目立たなくしたい ・涙袋を作りたい ・唇のボリュームアップをしたい ・顎にボリュームがほしい ・眉間のしわを改善したい ●ヒアルロン酸の施術の主な特徴 ヒアルロン酸の施術は、化粧感覚で気軽に受けられる施術です。手軽にリフトアップや肌のボリュームアップが可能です。誰にも気づかれずに施術できるため、仕事の忙しい方でも受けていただくことができます。治療時間が短く、ダウンタイムもほぼありません。治療後すぐにメイクができます。 部位によってヒアルロン酸の硬さを使い分けて施術します。顎は硬め、目の下は軟らかめなどの使い分けをします。 「切る手術は怖いので切らない方法を探している」という方でも気軽に受けることができます。 ●注意点 ・永久に効果が持続するわけではありません ・効果や痛みの程度は個人差があります ・術後、激しい運動や飲酒、喫煙は控えてください(内出血のリスクを抑えるため) ・赤み、腫れ、痛みが持続する場合は当院へご連絡ください

69,300

円(税込)

HIFU(ハイフ)/肌

●ウルトラセル

●ウルトラセルについて ウルトラセルは高密度焦点式超音波(High Intensity Focused Ultrasound:HIFU)と呼ばれるもので、超音波を用いた治療機器になります。 超音波は音を発し、その反射を利用して検査などに用いられている電磁波の一種です。 超音波は通常では全くの無害なのですが、この超音波を1か所に集中させることで、その焦点部位の組織分子が振動し、分子間の摩擦により熱が発生し、蛋白に熱変性を生じさせ、たるみを治療します。中心部はおよそ60〜65度に熱せられ、タンパク変性を来します。 来、たるみ治療はレーザーやIPL、RFなどで行ってきましたが、これらの治療はある程度は皮下に入りますが、最もエネルギーが吸収されるのは皮膚の表面になってしまうため、効果を出そうとエネルギーを上げてしまうとやけど、しみ(炎症後の色素沈着)を生じてしまうリスクがありました。 ウルトラセルは超音波を用いているため、皮膚を通過します。焦点をどの深さにするかを選択できますので、ターゲットの深さの引き締めを皮膚表面の熱傷のリスクを抑えながら行うことが可能です。 ●治療に適している方 ・フェイスラインがはっきりしない方、不明瞭な方 ・顔の輪郭が逆三角や卵型だったのが、四角やホームベース型になってきた ・法令線やマリオネットラインが目立つようになってきた ・皮膚がたれている方 ●施術データ 施術時間:1時間 腫れ:なし 麻酔:麻酔無しもしくは静脈麻酔 ダウンタイム:ほとんどありません。生じても赤みがわずかにでるくらいです。 通院回数:1回 ●よくある質問 Q. ウルトラセルの効果 A. ダウンタイムは無く、直後から人に会うことも可能です。 効果は直後からみられますが、特にフェイスラインが強く引き締まるのは2週間後です。その後、1ヶ月まで効果が上がり、半年から1年持続します。 効果をさらに高めたい方は3ヶ月後から治療可能です。 Q. 痛みについて教えてください A. 鈍い痛みが生じますが、麻酔無しでも十分照射できます。ただし痛みに弱い方は静脈麻酔を併用することも可能ですのでおっしゃってください。 Q. 腫れについて教えてください A. ありません。むしろわずかに引き締まります。 Q. 治療後に気をつけること A. マッサージはしないほうが良いです。照射部位の筋肉痛がわずかに生じます。

64,680

円(税込)

顔/輪郭

スレッドリフト(糸リフト)/輪郭

●ミントリフト

●スレッドリフトとは 糸で顔のリフトアップ(持ち上げ)を行うもので、強固な組織に固定しないフローティングタイプと固定するフィックスタイプがあり、溶ける糸と溶けない糸があります。 フローティングタイプは固定しないので効果はマイルドですが、痛みや腫れ、組織の引き込みによるくぼみなどがフィックスタイプと比べて軽く、ダウンタイムを短くしたい場合に有利です。また吸収糸は効果の持続は非吸収糸と比べて短いと言われていますが、最近では糸の素材(分解するまで長いもの)や糸の太さ(太いほうが長く持つ)などを改善させることで長く維持することができるようになりました。 非吸収糸は将来的に感染するリスクもありますので、最近のスレッドリフトでは吸収糸が主流になっています。 ●ミントリフトとは ミントリフトはスレッドリフトの一種であり、側頭部の硬い組織である深側頭筋膜に固定するフィックスタイプで、Polydioxanone(PDO)という手術の縫合でよく用いられている材料の吸収糸です。 従来の糸はひっかかり(棘)で組織を持ち上げていましたが、ミントリフトが出るまでは糸を刃物でカットして棘を作っていましたので、強度が弱く、効果にムラがあり、弱い傾向にありました。

341,000

円(税込)

美肌

●ボトックス注射

●ボトックスでできるできること シワ改善のほか、小顔効果や多汗症改善にも効果があります。 ●シワの改善 顔(目尻や額)にボトックスを注入することで筋肉の動きが弱まり、シワが目立たなくなります。 効果は術後2〜3日で出始め、2週間程度で安定して半年ほど持続します。 ●小顔治療 エラを目立たなくする施術です。筋肉を弛緩させて筋肉のボリュームを減らす施術のため、「筋肉の影響でエラが目立っている」という方に有効です。 一方で「骨が角ばっているためエラが目立つ」という方は、筋肉ではなく骨が原因でエラが目立っていますので、ボトックスによる小顔効果は期待できません。 ●多汗症、わきがの治療 ボトックスの注入により汗腺の働きを弱めることができます。「多汗症で悩んでいる」「汗の臭いが人よりもキツイ」という方に有効です。効果は半年程度です。 ●その他 手のひらや足の裏に汗をかきやすい方もボトックス注射で改善できる可能性がありますので、一度ご相談ください。

34,100

円(税込)

住所

福岡県福岡市博多区冷泉町2−12 ノアーズアーク博多祇園 3F

クリニック情報(詳細)

【アプリ予約限定】現金還元対象

クリニック名

牧野美容クリニック

住所

福岡県福岡市博多区冷泉町2−12 ノアーズアーク博多祇園 3F

アクセス

福岡地下鉄 祇園駅から徒歩4分、中洲川端駅から徒歩8分

診療時間

営業時間 10:00~18:00

休診日

月曜〜水曜日

備考

※初診時に身分証明書の提示をお願いしております。

駐車場

なし。近隣にコインパーキング多数。

クレジットカード

VISA、mastercard、JCB、American Express

メディカルローン

フレックス