Meilyアプリの画像

Meilyアプリ

美容医療ならMeily(メイリ―)

口ゴボ治療(white white)の症例詳細

女性

口ゴボ治療の備考

治療期間:2カ月 通院回数:6回 副作用(リスク):一時的に歯がしみたり、かみ合わせの違和感を感じることがあります。 治療費用:616,160円 解説:口ゴボをセラミック矯正4本で改善した症例です。お口のもっこり感が解消され、すっきりとしたお口もとに仕上がりました。

メニューの紹介

口ゴボ治療

●口ゴボ(くちごぼ)を治したい 口ゴボとは、口元がモコッとした状態を指します。具体的には唇が前方に突き出していたり、鼻の下が長めで前に飛び出しているといった場合が多く、全体的に口元に突出感があるような状態です。 ●口ゴボになる原因は? 口ゴボの原因としては、大きく分けて先天性と後天性に分かれます。先天性の原因は、遺伝など生まれつきによるものです。 後天性の原因は、発育段階で顎があまり成長しなかったり、逆に成長しすぎてしまったりすることによるものです。また、日本人は欧米人と比較すると遺伝的に顎が小さいという傾向が見られます。 それらに加えて食事内容の変化により、かたい食べ物を噛む頻度が減り、顎が未成長のまま大人になることも原因の1つに挙げられます。 ●口ゴボを治すならセラミック矯正 口ごぼを改善するための歯科治療としては、セラミック矯正が適しています。歯の傾きから歯並びはもちろん、形や大きさ、色までを同時に整えることが可能です。 よく比較される美容外科治療では、シリコンを鼻や顎に入れて高くする手術が代表的ですが、痛みや腫れなどのダウンタイムがあるため、日常生活に支障が出ないようにする必要があります。 その点セラミック矯正はダウンタイムもなく、治療中の見た目も特に生活に支障を及ぼすことがありませんので、快適に治療期間を過ごすことができます。 ●メリット ・理想通りの歯並びになる ・引き締まったスマイルラインになる ・横顔のラインがキレイになる ・口呼吸による口腔内・唇の乾燥がなくなる ・色やサイズ、バランスも同時に整えられる ・ワイヤー矯正などでおこる後戻りがない ●デメリット ・神経の処置が必要になる場合が多い ・神経を取らない場合、大きな傾きは改善が難しい ・重度の口ゴボはセラミック矯正では治せない ●施術の流れ 1. まずは無料カウンセリングにて問診を行います。現在のお口の状況を確認しながらご希望などを詳しく伺い、治療プランを一緒に考えていきます。プランが決定しましたら初診時のお口の模型をとり、口腔写真やお顔全体の写真撮影を行います。 2. 歯が前方に突出して口元がモコっとした感じ(いわゆる出っ歯の状態)はセラミック矯正でキレイに整えることができますが、前歯が大きく前方に傾いている場合は歯を多く削ることになるため、必要に応じて神経の処置を行うケースがあります。神経の処置を含め、治療中には痛みを感じないように、"痛くない麻酔"を行っておりますので痛みが心配な方、不安な方はお気軽におっしゃって下さい。 3. 神経を取り除いた後は、根っこの中をしっかりと消毒し、先端まですき間がないようにお薬を詰めます。その後白いグラスファイバー製の土台を立て、理想の大きさや形に整えた仮の歯を当日中にセットします。この仮歯の状態で理想の角度や大きさ等の仕上がりを調整し、数日程過ごしていただきます。 4. 仮歯で問題が無ければ、最後にセラミックを作るために本番の型取りやお口の写真撮影、歯のお色・グラデーション・艶・透明感などをご相談いただきながら理想に合ったものを決めていきます。本番の型取りをしてから2週間ほどでセラミックが仕上がり、セットして治療は終了です。 ここまでの治療の流れでかかる期間は、通常、平均で2~3ヶ月です。もしお時間のない方や遠方から来院される方には、お1人お1人のスケジュールに合わせた特別な対応が可能です。ご希望に合わせた対応を行っておりますので、まずはお気軽にご要望をお聞かせください。

施術の費用

248,600

円(税込)

この症例のクリニックについて

クリニック名

white white

住所

メイリートップ 症例

口ゴボ治療の症例